神戸の病院で処方さたプロペシアのおかげで薄毛の症状が改善しました

薄毛だと感じ始めたのは高校生の頃

プロペシアがもらえる神戸のクリニック たかなが皮フ科

自分が薄毛だと感じ始めたのは高校生の頃なので、他の人よりも早い時期に症状で現れ始めていました。
中学生までは同級生と比べても髪の毛が薄いという感じはなく、逆に美容院などへ行くと髪の毛が多いと言われる程でした。
自分の髪の毛について悩んだことがないので、汚れを感じた時にシャンプーをする位だったのがいけなかったのかもしれません。
子どもの頃からしっかりとお手入れをしていれば、薄毛で悩むことがなかったのではと後悔することがなかったといつも考えていました。
高校に入学してからは運動系の部活動に入ったので、汗をかく量は中学生の頃よりとても増えました。
頭から流れる位の汗をかきましたが、毎日しっかりとシャンプーをしてはいませんでした。
高校2年生になった頃、お風呂に入浴中に気になることを見付けました。
バスルームの床に落ちている髪の毛の量がとても多く、排水溝の網にも付着しています。
あまりシャンプーをしていなかったから抜けてしまったと軽く考えてしまい、自分に薄毛の症状が現れ始めていたとは全く考えてもみませんでした。

神戸でプロペシアを用いて治療している20代後半の男です。 最近効果が感じられなく… https://t.co/Db33VZA1N0

— cuyhdcav (@cuyhdcav) 2016年10月14日
高校2年生の夏休みに入った時、家族から髪の毛が薄くなってきたと指摘を受けました。
家族から指摘されても、それ程髪の毛が少なくなったような気がしません。
冗談でもいっているのだろうと、真剣には受け取りませんでした。
しかし、気になったので入浴中に確かめてみると髪の毛が抜ける本数が増えています。
シャンプーを洗い流して自分の手を見ると、指先や手の甲などに髪の毛がたくさん付着していました。
家族からからかわれていたわけではなく、本当に髪の毛が薄くなり始めていたのです。
鏡で自分の額を見ると、以前よりもおでこが広くなっているように感じました。

薄毛だと感じ始めたのは高校生の頃家族のすすめで病院に行くことにAGA治療で処方されたプロペシア